車売却

車売却の時期

個人が車を売却することになる理由はいろいろ考えられます。
新しい車に乗り換えたい、すぐにでも現金が必要である、多数所有する方がその中の1台を手放したいなど、事情は様々です。
しかし、はやる気持ちをちょっとだけ押し込めて、賢く車を売却するタイミングを考えてみてはいかがでしょうか。

 

車を売却となれば、少しでも高値を希望するのは当然です。
車を売るベストなタイミングは、すなわち買う側のニーズにとても関係が深いのです。
買う側は、どうしても車が必要で自分に合う車を探しています。

 

新社会人が車を求めるのは春先に集中しますし、新年度となる4月は、何かと新しいものが動く時期なのです。
そして、ボーナス時期はまとまったお金が動く時期です。
このボーナスで車を乗り換えることを考える方もかなり多くいらっしゃることでしょう。

 

車種で見るとレジャーシーズンは確実に4WDの需要が増えることが判っています。
全体的に、現代はコンパクトカーや軽自動車が売れ筋であると言った情報もあります。
モデルチェンジの予定がある車をお持ちの方はその前に売る方がお得にもなります。

 

車を売ることを決めたら、まずその時期を最初に考えることは先決となります。
まず世の中の一般的な流れを掴んでおき、自分の車がどんな車であるかという情報を知っていることは当たり前なのですが、その車に対する需要がいつ高まり、いつ下がりだすのかを見極めることが重要なのです。

 

車を売却することは一大決心です。
もしかしたら、買うとき以上に情報収集が必要となるかもしれません。


失敗しないポイント

ご自分の愛車であるならば、できるだけ高く売りたいと誰でも思うはずです。
車査定に出すことを決めたらなら、高く査定を出してもらうために、気を付けておきたいポイントがいくつかあります。

 

それをいくつかご紹介いたします。

 

自動車の査定方法はたくさんありますがその中でもだいたいどれにでも当てはまるポイントだと思ってください。
そもそも車査定とは査定士が自動車の商品価値を出すことをいいます。

 

査定士といえども所詮は人間ですので、その人の印象を損ねないように心がけましょう。
まず、査定に出す車はタバコの臭いや動物の匂いなどの不快な印象を消しておきましょう。
ホームセンタ―などで売っている消臭剤を使うだけでもかなり印象は変わってくるはずです。

 

車は洗車し、できればワックスをかけておきましょう。
要は大事にしていたことを査定士にアピールするのです。

 

線傷など自分で修理出来そうなところは修理も必要です。
ただ、大きな傷は修理に出す必要はありません。
なぜなら、修理代が高くついてしまうと逆効果となってしまいます。

 

それから、過度な趣味嗜好を表現したものは取り外すことをお勧めします。
できるだけノーマルな元の状態がベストなのです。

 

少しでも自動車の査定を上げたいからといって事故歴や修復歴について嘘、偽りは絶対についてはいけません。
相手はプロの査定士ですので小細工は見苦しいだけで全部御見通しと思ったほうがいいでしょう。
最後に車査定に出す時期についてなのですが、車検が残っている方が査定が上がると考えている方も多いようですが、実際はそれほどでもなく、費用の方が高くつくとお考えください。
車検の前と後ではそう査定には響かないのです。
車買取横浜